モリンガの効能

モリンガは日本では薬としては扱われませんので効能を謳うことが出来ませんが、インド、フィリピンでは伝統薬として古くから効能が謳われています。特にインドの伝統医学アーユルヴェーダではモリンガは300の病気に効果があるといわれています。

ご存知のようにインドの伝統医学アーユルヴェーダの基本は病気になりにくい体を作る予防医学が基本で、モリンガの効果も病気になりにくい体を作る、病気の原因のアンバランスな栄養バランスを改善して健康体を回復しで病気の原因を取り除くといった効果になります。

伝統的にインド、フィリピンで昔から言われてきた代表的な効果をいくつか紹介します。


モリンガと糖尿病
モリンガは昔から血糖値を下げる効果がある食品として評価されています。
事実世界中で多くの研究者によって血糖値を下げる効果が確認されていますが、モリンガのどの栄養素が血糖値を下げる効果があるかは特定されていません。モリンガの持つ多くの栄養素の複合的効果ではないかと考えられています。事実ミラクルモリンガを飲み始め劇的に血糖値が下がりお医者さんも驚いたといった例がいくつも出ています。何千年前からも食品として食されてきたモリンガですので安全性は保証されています。糖尿病、糖尿病予備軍の方は是非お試しください。


モリンガと高血圧

モリンガには抗高血圧作用を有するGABAを高含有してます。
広島県立総合技術研究所食品工業技術センターでラットを使った研究でもモリンガの抗高血圧作用が確認されています。
高血圧自然発症ラットにおけるモリンガ葉水抽出物の抗高血圧作用


モリンガとアレルギー

モリンガにはビタミンとアミノ酸、花粉症によいといわれるポリフェノールが多く含まれています。
モリンガは薬ではありませんので花粉症の症状を直接改善するわけではありませんがビタミン、アミノ酸、ポリフェノールをバランスよく定期的に摂ることで花粉症の症状の出にくいアレルギーに強い体を作ることができます。花粉症を治すのではなく花粉症の出ない体を作るモリンガを是非お試しください。


モリンガと不妊

フィリピンでは昔から「子供がほしければ夫婦でモリンガを食べろ。」と云われてきました。モリンガに含まれる栄養素で男性は精子の数が増えることはフィリピンの大学で実証されています。また女性には排卵障害を改善する効果があり、多くのフィリピン人産婦人科医師は、不妊症の女性にモリンガの摂取を勧めています。

モリンガと癌
モリンガは薬ではありませんのでがん細胞に作用して癌を治すといったことはありません。モリンガには癌の原因を言われる活性酸素を抑える抗酸化作用のあるβカロチン、ビタミンC、E、ポリフェノールが多く含まれていますので癌になりにくい体質に体質改善するといった意味では抗癌作用があります。

その他いろいろな病気に効果があるといわれいますがモリンガに含まれる多くの栄養素が体調を整え、抵抗力、人の持つ本来の自然治癒力を向上させ健康に効果があることは間違いありません。

Back